ドイツのゴミ箱レース祭りのルールや歴史は?歴代の優勝者は誰?

スポンサーリンク


世界の果てまでイッテQ!で話題のドイツのゴミ箱レース祭りのルールや歴史について調べてみました。

過去の優勝者についても見ていきたいと思います。

ゴミ箱レース祭りのルールは?

画像

関連記事

イッテQ!の珍獣ハンターinベラルーシとゴミ箱レース祭りinドイツの感想

 

ゴミ箱レース祭りのルールについてですが、ヘルメットを被ってタイヤのついたゴミ箱に乗り、レース用に整えられた一般道を走ってゴールを目指すといった変わったレースのようです。

画像がありました。

ゴミ箱レース祭り

引用元

この画像だけ見るとなんだかおかしなレースに見えますが、実際はかなり激しいレースなのだそうです。

コースの全長は350mで、平均スピードは52km/hほどみたいです。

 

これは確かに、ヘルメットは必須ですね。

見た目よりもずっとレースといった感じがしそうです。バイク用のスーツを着ているそうですよ。

 

画像からもわかりますが、タイヤが片側にしか付いていないんですよね。

なのでハンドリングにも注意を払って操作しなければなりません。

 

きっと見た目以上に技術のいるレースなんだと思います。

ゴミ箱に乗っているというのが若干シュールではありますが。

ゴミ箱レース祭りの歴史は?

Sponsored Link

ゴミ箱レース祭りの歴史についてですが、第一回大会は2007年、第二回は2012年に行われたようですね。

2007年から行われていますが、毎年開催されるものでもないみたいなのでまだ歴史は浅いといった印象です。

 

2015年に開催されたのは流れ的に第三回大会かもしれませんね。

毎年開催するほど注目度は無いのだと思います。

 

それにしても誰がこんな変わった祭りを考案したのでしょうか?

なんとなく開催してみたら意外と盛り上がったといった感じかもしれません。

 

自分も一度は見てみたいので世界の果てまでイッテQ!を見てどのような雰囲気なのかをチェックしたいと思います。

歴代の優勝者は誰?

画像

ゴミ箱レース祭りの優勝者についてですが、第一回大会で誰が優勝したのかというのは残念ながらわかりませんでした。

第二回大会ではノーマン・シェーファーさんという方が21.1秒というタイムを出して優勝したそうです。

 

宮川大輔さんも今回出場するということで歴代の優勝者として名を刻むことが出来るのか注目ですね。

一瞬で勝負が決まるということで、何の経験も無い宮川大輔さんでもワンチャン優勝できる要素はあると思います。

 

今回の参加人数はわかりませんが、過去はだいたい50人ぐらいだったみたいなので、頑張って上位に食い込んでほしいですね。

過去に別の祭りで無念のリタイアというのもありましたが、その可能性もあるので怪我には注意が必要です。

Sponsored Link


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();