イッテQのウェイターレースinアメリカのルールや見どころは?

スポンサーリンク


「世界の果てまでイッテQ!」でウェイターレースというのが話題になっています。

一体どんなレースなのでしょうか?

ルールや見どころについても見ていきたいと思います。

ウェイターレースinアメリカのルールは?

画像

関連記事

ドイツのゴミ箱レース祭りのルールや歴史は?歴代の優勝者は誰?

 

ウェイターレースinアメリカのルールについてですが、お盆にグラスを乗せて早くゴールを目指すというレースです。

意外と単純なレースですね。

 

もちろんグラスは落としてはダメです。

失格になってしまいますからね。

 

海外で有名なウェイターレースですが、実は日本でも開催されているそうです。

神奈川県横浜市中区の日本大通りで開催されていますね。

 

参加資格はウェイターの方か料理系専門学校に通っている方しか参加できないそうです。

素人の方は参加できないようですね。

 

150mを往復で300m走らなければならないようで、この長さをグラス落とさずに走るというのは中々大変なことなんじゃないかと思います。

たとえ凄腕のウェイターでも苦戦をするんじゃないでしょうか。

 

上に挙げたルールは日本で行われているウェイターレースのルールですが、今回イッテQで行われるアメリカでのウェイターレースも同じようなルールなのではないかと予想します。

グラスを落とさないように走ればOKといった感じでしょう。

ウェイターレースinアメリカの見どころは?

Sponsored Link

ウェイターレースinアメリカでの見どころですが、やっぱり素人の宮川大輔さんがどれだけプロのウェイターの人と競えるかにかかってくると思います。

グラス3個とボトル1本を乗せてゴールをしなければならないのですが、こういうのは素人にはちょっと難しいですよね。

 

宮川大輔さんにウェイターの経験とかがあれば別ですが。

きっと苦戦するんじゃないかと思いますね。

 

まあ別に走らなければいけないというルールではないです。

歩いてもOKですよ。

 

ですが当然歩いていては他の参加者に抜かれてしまうので走らなければいけないわけですが。

途中歩いてグラスを整えるというのもOKです。

 

宮川大輔さんも前日に練習をすると思うので、そこでどれだけ感覚をつかめるのかが鍵になってくると思いますね。

お祭りとはいえ、ガチで勝ちにいって欲しいと思います。

関連記事

イッテQ!の珍獣ハンターinベラルーシとゴミ箱レース祭りinドイツの感想

まとめ

画像

以上、ウェイターレースについてでした。

世界には色んな祭りがあるようですが、このウェイターレースは日本でも行われているということで、わりと有名なのかもしれませんね。

今度日本大通りで開催されるようなので興味のある方はぜひ行ってみて下さい。

 

あとイッテQでの宮川大輔さんの活躍にも期待したいと思います。

予想ですが、結構健闘するんじゃないかという予感がしますね。

放送を楽しみに待ちたいと思います。

Sponsored Link


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();